英検1級 2012年度第3回 エッセイサンプル

2012年度第3回 エッセイ問題は、

============== 引用開始 ==============
TOPIC
Does more need to be done to address Japan’s low birthrate?

POINTS
・Attitudes toward work
・Environmental consequences
・Government assistance
・Immigration
・The economy
・The increasing elderly population
============== 引用終了 ==============
(実用英語技能検定、1級、2012年度第3回、1次試験問題より、引用)
でした。

それでは、例によって、賛成派と反対派のエッセイを書いてみました。
まずは賛成派です。

 I believe that more needs to be done to address Japan’s low birthrate for the three following reasons.
 The first reason is that an excessive increase in the number of immigration is dangerous. Some people would say that low birthrate is no problem because the government can always have more foreign people if the country needs young population. However the increase in the number of foreigners has many risks such as the loss of Japanese old tradition, spread of dangerous disease which Japanese people are not immune to, and so on.
 The second reason is that low birthrate means decrease of workforce and consequently aggravates the economy. Due to the lowering birthrate, the decrease of the number of workforce already has a serious effect on Japan’s economy and this will only accelerate if the government should do more to tackle with this problem.
 The third reason is that the low birthrate exacerbates Japan’s aging population. The increasing elderly population has already put a heavy burden on young people and the government has many attendant problems such as pension system, welfare, lack of doctors and nurses and so on. The government should do more to stop this situation from going worse.
 For the aforementioned reasons, Japan’s low birthrate should be more addressed.
(214 Words)

次に、反対派です。

 I do not believe that more needs to be done to address Japan’s low birthrate for the three following reasons.
 The first reason is that attitudes toward work have been changing drastically. Young people these days are smart enough not to be brainwashed by capitalism and consumerism and materialism. They know that people can lead a happy life without working that much for money and buying things, and therefore the low birthrate and the related decrease of workforce are no problem.
 The second reason is that low birthrate is a good thing considering the environmental consequences. People have been polluting the environment too much and if it continues at this rate the earth would become uninhabitable. Thinking of this, decreasing birthrate is a good thing because it means the decrease of the number of people who damage the environment.
 The third reason is that immigration can compensate with the lack of workforce which is caused by the low birthrate. If the country needs more workforce and young people, the government can always have more foreign immigrants. This will not only solve the low birthrate problem but also have a lot of merits such as Japan’s internationalization.
 For the aforementioned reasons, there is no need to address Japan’s low birthrate more.
(213 Words)

今回は、両方、一気に書いて、その後で、細かい所を修正しました。
時間は大体、賛成派のほうは、約20分、反対派のほうは、約15分、その後の修正に、5分くらい、計40分くらい、かかりました。

いつもそうですが、英語で意見を論理的に述べる技術とトレーニングに、似たようなトピックが出ていますね。
以下が、そのエッセイです。

How will the aging population affect our society?
Japan’s declining birthrates - a national crisis?

ですので、事前に、ご覧になっていた方にとっては、書きやすかったと思います。

TOPICの、「Does more need to be done to address Japan’s low birthrate?」と言う文ですが、肯定文にすると、「more needs to be done 〜」で、この場合は、「more」が主語の名詞で、「need」が動詞です。
ちなみに、私も一瞬、「ん?」となりました笑
「more need」が名詞に見えたからです。

また、「address」は、ここでは、「if you address a problem, you start trying to solve it」と言う意味です。
(引用URL:http://www.ldoceonline.com/dictionary/address_2

模範解答では、反対派が載っていますね。

スカンジナヴィアのことは、知りませんでした。
というか、恥ずかしい話ですが、スカンジナヴィアが、どこかも、スウェーデン、ノルウェー、デンマークを指すことも知りませんでした笑

模範解答の、最後の一文は、かっこいいですね。
出生率の低下や、それに伴う人口の減少を、恐れるよりも、歓迎する手段を探すべき、と書いてありますが、その通りだと思います。

特に最近、iPS細胞が話題になっていますし、近い将来、病気という概念自体が、過去のものになっているかもしれませんね。
そうなれば、医師や看護師の不足、介護の問題、国の医療費不足も、解決すると思います。

また、日本は古来より自給自足の農業国なので、外交さえうまくやれば、世界の資本主義や消費主義に、振り回される必要もない。
それに、高齢者の人のほうが、農業の知識がある人が多いので、高齢者は、農業国にとって、重要な人材。
かつ、人口が減ったほうが、一人あたりの食料が増えるので、出生率の低下や人口の減少はプラスだ、ともいえると思います。

あと、これは、本題の、もっと少子化問題を解決するべきかという問いに対する答えというより、どうやって解決するかという話なので、ここからは、補足になりますが、強姦の場合を除く中絶の違法化というのも、考えられるキーアイディアです。
日本の出生数は年間約100万、中絶数は年間20万代ということなので、これを違法にすれば、出生率の低下の改善になりますね。
「Government assistance」=「強姦の場合を除く、中絶の違法化」という形で本文を進めていけると思います。

あとは、一夫多妻制にすればいいというのも、使えるキーアイディアだと思います。
「Government assistance」=「一夫多妻制に法律を変える事」と言う感じで、日本が、一夫多妻制の国になれば、子供の数が増える事は、間違いなく、出生率低下の抑止力になると言えると思います。

何と、世界には、120人と結婚し、子供を210人作った人もいるそうです。
今度は、別の問題が出てくると思いますが笑、それが平均になれば、出生率の低下は、あっという間に解決ですね笑
参考URL:
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%80%E5%A4%AB%E5%A4%9A%E5%A6%BB%E5%88%B6

それでは、最後になりますが、もし、まだ、英検1級を受けた事がない人は、英検1級は素晴らしい試験ですので、是非、挑戦してみてください!
英検を受けるメリットについては、英検を受けよう!〜英検のすすめ〜のページにまとめてあります。