英検1級 2012年度第2回 エッセイサンプル

2012年度第2回 エッセイ問題は、

============== 引用開始 ==============
TOPIC
Agree or disagree: Space exploration should be continued

POINTS
・Dangers
・Expense
・International cooperation
・National pride
・Scientific research
・Space colonization
============== 引用終了 ==============
(実用英語技能検定、1級、2012年度第2回、1次試験問題より、引用)
でした。

それでは、例によって、賛成派と反対派のエッセイを書いてみました。
まずは賛成派です。

 I strongly believe that space exploration should be continued for the three following reasons.
 The first reason is that it boosts national pride. This is not specific to space exploration. It is good to challenge and try to achieve something, and the success enhances one’s pride. In this process, one builds confidence and cultivates sense of independence.
 The second reason is that it facilitates scientific research. In order to solve things which still have remained mystery on earth, space study can be useful. For example, some scientists believe that the moon and its gravity to the earth have something to do with earthquake. Thus, a further investigation of the relation between moon and earth may lead to the exact forecasting of earthquake. With space exploration, many problems on earth may be solved. This is a real benefit.
 The third reason is that it leads to world peace if countries cooperate in space exploration instead of competing against each other. International cooperation is the key to world peace and space exploration can be a source of it.
 In conclusion, for the three aforementioned reasons, I strongly believe that space exploration should be continued.
(195 Words)

次に、反対派です。

 I strongly believe that the government should stop space exploration for the three following reasons.
 The first reason is that there are a lot of dangers surrounding it. For example, the Challenger disintegrated and exploded when it was launched and all the astronauts in it were killed. What is worse, the government knew that there was something wrong with the Challenger before the launch. People should learn a lesson from this tragic incident.
 The second reason is that it costs a lot of expense. In this one of the worst economic recessions, the government simply cannot afford to spend money on space exploration. There are many other impending problems such as poverty, water shortage, environmental pollution, increasing unemployment rate, and so on. The government should solve these problems first before space exploration.
 The third reason is that it causes space colonization and consequently conflicts. Many wars broke out and uncountable numbers of people have been killed because countries have tried to colonize lands. The same things can occur if people promote space exploration. People should stop silly competition already, and learn how to cooperate and coexist.
 In conclusion, for the three aforementioned reasons, I strongly believe that the government should stop space exploration.
(206 Words)

今回は、一つずつ、仕上げていきました。
時間は大体、賛成派のほうも、反対派のほうも、約20分で終わりました。
このトピックは、似たようなのが、英語で意見を論理的に述べる技術とトレーニングに、くわしく載っていますし、前にも書いた事があるので、非常に書きやすかったです。
以下が、そのエッセイです。

Space exploration: Is it worth the price?
The future of space travel

いつもそうですが、英語で意見を論理的に述べる技術とトレーニングに載っているトピックを全てこなせば、英検1級のエッセイは、似たようなトピックが出る事がほとんどですので、事前に、しっかり対策をしていた方、ご覧になっていた方にとっては、書きやすかったと思います。

あとは、ソ連とアメリカの競争、上でもあげましたチャレンジャー号の事故を始め、多数の宇宙飛行士の死亡事故、あとは宇宙ゴミ、スペースデブリの問題、などが、キーアイディアとして使えると思います。

以下、参考URL
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%87%E5%AE%99%E9%96%8B%E7%99%BA%E3%81%AB%E3%81%8A%E3%81%91%E3%82%8B%E4%BA%8B%E6%95%85
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%87%E3%83%96%E3%83%AA
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%87%E5%AE%99%E9%96%8B%E7%99%BA%E7%AB%B6%E4%BA%89

ちなみに、笑福亭鶴瓶さんと中居正広さんが司会の、世界仰天ニュースは、エッセイやスピーチに役立つので、オススメです。
私は、チャレンジャー号の事故のことも、くわしくは、この番組で知りました。
他にも、昔の有名な事件を取り上げて、ドキュメントになっているので、単純に面白いですし、背景知識、エッセイやスピーチのネタに使える情報がたくさんあります。

あと、「the Challenger」の「the」を大文字にするか小文字にするか迷いました。
最初は、大文字で書いていたのですが、どうも、小文字のほうが正解のようで、あとで、修正しました。

英検の解答例では、賛成派が載っていますね。
火星移住について書いてあります。
ただ、そんな事、出来るのか疑問です。

以下、参考URL
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%81%AB%E6%98%9F%E3%81%AE%E6%A4%8D%E6%B0%91

ただ、最近、約600光年先に、地球に似た星が見つかったというニュースを見た事があります。
問題は、太陽系の外で、距離が遠すぎることだと思います。
スペースシャトルで、1光年、約4万年かかるそうなので、600光年となると、2,400万年かかります笑
ただ、科学技術の進歩で、サイヤ人が載ってた宇宙船みたいなのが作れれば笑、他の惑星に移住する事も、ありえるかもしれませんね。

それでは、最後になりますが、もし、まだ、英検1級を受けた事がない人は、英検1級は素晴らしい試験ですので、是非、挑戦してみてください!
英検を受けるメリットについては、英検を受けよう!〜英検のすすめ〜のページにまとめてあります。