英検1級 2012年度第1回 エッセイサンプル

2012年度第1回 エッセイ問題は、

============== 引用開始 ==============
TOPIC
Can the global demand for water be met in the future?

POINTS
・Agricultural practices
・Climate change
・Government regulations
・Household consumption
・Infrastructure
・Territorial boundaries
============== 引用終了 ==============
(実用英語技能検定、1級、2012年度第1回、1次試験問題より、引用)
でした。

それでは、例によって、賛成派と反対派のエッセイを書いてみました。
まずは賛成派です。

 I believe that the global demand for water can be met in the future for the three following reasons.
 The first reason is that agriculture has been developed. Agriculture is one of the most water-consuming things and recent technological development can design agricultural practices to use water effectively. With the development of science and technology, people can use water supply effectively to produce enough crops for the world.
 The second reason is that the government can put some regulations on industries which cause water pollution. It is obvious that one of the biggest reasons why there is lack of water in the world is that people have polluted oceans and rivers so badly that the water cannot be used. In other words, if people can stop water pollution, the amount of water supply will increase. Governmental regulations can make this possible.
 The third reason is that household consumption can be limited and the rest water can be delivered to people in developing countries. As people’s everyday life has been modernized, people waste too much water. People may not have to take bath or do laundry every day.
 For the aforementioned three reasons, I believe that the global demand for water can be met in the future.
(209 Words)

次に、反対派です。

 I believe that the global demand for water cannot be met in the future for the three following reasons.
 The first reason is climate change. It is easy to imagine that the water supply will be seriously in short if the current global warming and abnormal weather continue at this pace. Drought problems and desertification have already been serious enough and, what is worse, these problems have been being aggravated.
 The second reason is that household consumption has been increased more and more. Now that people have come to take bath and do laundry every day and consequently waste a lot of water. With the world population increasing exponentially, this trend has been only accelerated.
 The third reason is that people have concentrated too much on developing infrastructure and industry so that oceans and rivers have been seriously polluted. People have been seeking for material things too much and still keep building new facilities and infrastructure and industries in the sacrifice of environment, and there seems no stop.
 Considering the aforementioned things and the fact that there are already more than 1.2 billion people who cannot have access to clean water, it can be said that the global demand for water cannot be met in the future.
(210 Words)

今回は、一つずつ、仕上げていきました。
時間は大体、賛成派のほうも、反対派のほうも、約25分で終わりました。
少し、時間がかかってしまいました。
水不足については、問題が多いので、反対派のほうが、遥かに書きやすかったです。

ただ、今回も、英語で意見を論理的に述べる技術とトレーニングに、How to alleviate water shortage problemsという、ドンピシャのトピックがあったので、事前にご覧になっていた方にとっては、書きやすかったと思います。

数か所、書き終えてから、修正しました。
いつも、いろいろなトピックのエッセイを書いていて思うのですが、いろいろな社会問題が、お互いにリンクしあっていると感じます。
言い返せば、いろいろなキーアイディアを、いろいろなトピックに応用できると言う事です。
ですので、エッセイの上達には、とにかく、自分でたくさん書いてみる事が、遠回りのようで、実は一番の近道だと思います。

また、序論と結論は、いつもワンパターンになってしまいます笑
でも、序論や結論で字数を使うより、本論が長いほうが良いのではないかと思っています。
あくまでも個人的にはですが、私は、個人的には、序論や結論は簡潔に、そして本論でたっぷり字数を使うほうが、良いエッセイだと思うのですが、どうなのでしょうか?
採点者の個人的好みによるかもしれません。

英検の公式の解答例では、賛成派が載っていますね。

最後のPOINT、「Territorial boundaries」は、どう使って良いか分かりませんでした。

あと、「World population」が、POINTに入っていなかったのが、意外でした。
もし私が、問題を作る側だとしたら、必ず入れるだろうと思ったからです。

反対派で書きましたが、

すでに水不足が深刻化している地域がある → 人口の増加 → さらに水不足が悪化

というのは、よく言われていることだからです。

上で挙げたもののほかに、重要なのは、水は再生可能という事だと思います。
汚染水や、排水を、完全にクリーンな状態に再生する技術の開発というのも、使えるキーアイディアだと思います。

それでは、最後になりますが、もし、まだ、英検1級を受けた事がない人は、英検1級は素晴らしい試験ですので、是非、挑戦してみてください!
英検を受けるメリットについては、英検を受けよう!〜英検のすすめ〜のページにまとめてあります。