英検1級 2011年度第3回 エッセイサンプル

2011年度第3回 エッセイ問題は、

============== 引用開始 ==============
TOPIC
Agree or disagree: World poverty can be eliminated

POINTS
・Education
・Globalization
・Political corruption
・Population growth
・Technology
・The United Nations
============== 引用終了 ==============
(実用英語技能検定、1級、2011年度第3回、1次試験問題より、引用)
でした。

それでは、例によって、賛成派と反対派のエッセイを書いてみました。
まずは賛成派です。

 I strongly believe that world poverty can be eliminated because world without poverty is the condition in which all the people can have enough foods and water, good medicine, decent home, education to make enough money by doing what one loves, and all these things are attainable by means of technology and globalization.
 Agriculture has been massively modernized to give people stable amounts of crops now. Medical science has been extremely developed so that many people live much longer than they used to. Architecture has been greatly improved so that people have a safe shelter from natural disasters. Now that the Internet and information technology has been propagated this much, people can receive education from anywhere in the world. These things mean that all the people even in developing countries can have all the aforementioned things.
 As I mentioned, logically speaking, it is absolutely possible to eliminate world poverty for the aforementioned reasons. So, the only thing to do now is to take care of practical matters, to bring the aforementioned things to developing countries, and the United Nations has been working on that. Therefore, in the near future, world poverty can be eliminated.
(195 Words)

次に、反対派です。

 I strongly believe that world poverty cannot be eliminated for the following two reasons.
 The first reason is population growth. As the world population has been increasing excruciatingly, there are not enough foods and water, places to live in the world. The world has been already overpopulated, and this trend will only accelerate. Moreover, the more number of people there will be in the world, the more harmed the environment will get, because people pollute the world, and the more polluted the environment gets, the more aggravated world poverty gets, because natural disasters will increase due to environmental pollution, and damage agriculture, and cost a lot of money to recover from it.
 The second reason is political corruption. Many politicians only think about their wealth and never think about helping poor people. What is worse, some of them make money on the sacrifice of poor people. Furthermore, as long as politics is corrupted, all great technology and education are only for people in developed countries, and comfortable life in developing countries cannot be achieved.
 As I mentioned, for the aforementioned two reasons, I strongly believe that world poverty cannot be eliminated.
(193 Words)

前回は、2つ同時に書いて構成を見直すというふうにしていましたが、今回は、一つずつ、仕上げていきました。
すると、賛成派のほうが、約35分もかかってしまい、反対派のほうは、約15分で終わりました。
やはり、現在の世界の状況を見ていると、経済的にも、自然災害的にも、紛争的にも、暗いニュースばかりなので、反対派のほうが、遥かに書きやすかったです。

ただ、今回も、英語で意見を論理的に述べる技術とトレーニングに、下記のような、似たようなトピックがたくさんあったので、これらを応用すれば、簡単に書く事が出来たと思います。。

Government’s roles in managing crisis situations
The future of the United Nations
Should developed nations do more to help developing nations?
Is world peace a remote possibility?
The growing gap between rich and poor nations

数か所、色々、ネットで調べてから修正しました。
それでも、特に賛成派のほうは、どうも微妙です笑

英検の公式の解答例では、賛成派が載っていますね。
公式の解答例では「貧困は無くなるが、無くそうとする意思があるのか?」と書いてあります。
私は、理論的には可能で、あとは実践面だけで、しかもそれは国連が取り組んでいる所だ、と書きましたが、英検の公式の解答例と、少し発想が似ていた?のが嬉しかったです。

また、「Political corruption」を賛成派の理由に使うのは、私の発想にありませんでした。
見た瞬間に、貧困が無くならない理由だと、決めつけてしまいました笑
ただ、英検の公式の解答例が主張する通りですね。

というわけで、どのPOINTも賛否両方で使えますが、私が個人的に感じたのは、次のように、毎回、POINTSは、賛成派と反対派にはっきり分かれているように思います。

・Education(賛成派)
・Globalization(賛成派)
・Political corruption(反対派)
・Population growth(反対派)
・Technology(賛成派)
・The United Nations(賛成派)

上のような感じで、今回は、POINTS的には、ぱっと見で、反対派に使えそうなのが、少ないような気がしましたが、どれも反対派に使えますね。
私が書いたように、「Education」「Globalization」「Technology」が、発展途上国に届いていないと言う事が出来ると思いますし、「The United Nations」は、まだまだ不十分で完璧ではないということが言えると思います。

ただ、現在、資本主義が終わりつつあり、そのあとで、世界が大幅に良くなる可能性もあると、聞きます。
競争社会が終わって、共存社会が始まるというのも、ここ最近は、良く聞きますね。
少し前に、ダボス会議の渡辺謙さんが、「競争一辺倒ではなく、もっと穏やかな新しい価値観を作り出す必要がある」と、演説したという、ニュースを、やっていたのを思い出しました。
それにしても、渡辺謙さん、堂々とスピーチをされていて、かっこいいですね。
特に、次の英検1級、2次試験を受けられる方には、良いモチベーションになると思います。

それでは、最後になりますが、もし、まだ、英検1級を受けた事がない人は、英検1級は素晴らしい試験ですので、是非、挑戦してみてください!
英検を受けるメリットについては、英検を受けよう!〜英検のすすめ〜のページにまとめてあります。