英検1級 2011年度第2回 エッセイサンプル

2011年度第2回 エッセイ問題は、

============== 引用開始 ==============
TOPIC
Is too much emphasis put on work in modern society?

POINTS
・Business culture
・Family relations
・Global competition
・Health
・Materialism
・Temporary employment
============== 引用終了 ==============
(実用英語技能検定、1級、2011年度第2回、1次試験問題より、引用)

また例によって、賛成派と反対派のエッセイを書いてみました。

まずは賛成派です。

 It is often pointed out that in this modern society, people put too much emphasis on work and I believe that there are the following three reasons for it.
 The first reason is that modern business culture brainwashes people that working is right and not working is wrong. Social conditioning is so effective that people are easily influenced by it. As a result, people tend to blindly believe that working is right and work too much.
 The second reason is that global competition incites people to work too hard. As the world has been more and more industrialized and capitalized, people have been taught to compete with each other to produce more products faster than others. Consequently, people tend to put more and more value on material things and work too much to get them.
 The third reason is that many people destroyed their health by working too hard. Even some people died of working too much and other people committed suicide due to work problems. These things clearly explain that nowadays people place too much priority on work.
 As I mentioned, for the aforementioned three reasons, I believe that too much emphasis is put on work in modern society.
(203 Words)

次に、反対派です。

 It is often pointed out that people put too much emphasis on work in this modern society. However I do not think so and there are the following three reasons for it.
 The first reason is that many people say that their family is the most important thing in the world. I have read about a Japanese survey after the 3.11 earthquake, which reported that many people have reconsidered the meaning of life and place more priority on family relations, not on work.
 The second reason is that materialism and capitalism have been breaking down recently. People have come not to buy as much things as they did before and put more and more value on mental health. These trends obviously explain that people do not take their work too seriously any more.
 The third reason is that there are much more temporary workers than before. This means that more people tend to work not on full-time but part-time basis and evaluate other things more than work.
 As I mentioned, although it is often said that people put too much emphasis on work in this modern society, I do not think so for the aforementioned three reasons.
(200 Words)

今回は、構成や字数、文法や語彙は、あまり考えずに、賛成派のほうを、約15分、反対派のほうを、約9分で、一気に書きました。
そして、構成や字数、文法や語彙などの調節に、賛成派のほうが、約4分で、反対派のほうが、約7分かかりました。
さらに、両方同時に、最終の見直しに、計約6分くらいかかりました。
なので、かかった時間は、大体、賛成派のほうは、計約22分、反対派のほうを、計約19分です。

今回も、英語で意見を論理的に述べる技術とトレーニングに、下記のような、似たようなトピックがたくさんあったので、事前に読まれていた方にとっては、書きやすかったと思います。

Why do more young people prefer not to work full-time?
Is Japan really a workaholic country?
The pros and cons of work-sharing
Increasing death from overwork
Has the Japanese work ethic changed?

一か所だけ、最初の草稿では、間違っていたところを、ネットで確認したら、間違いに気付いたので、直しました。
それは、「place more priority on」の所で、最初は、「place more the priority on」と書いていたのですが、どうも冠詞はいらないらしく、はずしました。
相変わらず、冠詞は強敵だぜ、という感じです笑
あとは最後に、いくつか、綴りや、文法のミスを直しました。

英検の公式の解答例では、賛成派が載っていますね。
私が書いたものと、内容的にはほとんど同じだったので、なんだか嬉しかったです!

また、POINTSのフレーズは、そのまま使わなくてはならないわけではなく、同じ内容に触れていればOKです。
実は、私は、最後のPOINTは、Temporary employmentなのに、Temporary workersと勘違いしていました。
なので、POINTのフレーズをそのまま使ったつもりでいたのですが、あとで間違いに気付きました。
ただ、内容的に同じなので、それでもOKです。

毎回そうですが、今回もPOINTSが以下のように、賛成派と反対派にはっきり分かれているように思います。
(もちろん、どのPOINTも賛否両方で使えます)

・Business culture(賛成派)
・Family relations(反対派)
・Global competition(賛成派)
・Health(反対派)
・Materialism(賛成派)
・Temporary employment(反対派)

日本では特に話題に上りやすいトピックですし、エッセイにも書きましたが、震災前後で、人生観や労働観が変わったという人が増えてきているようなので、比較的、書きやすいトピックだったと思います。

もちろん、日本人の勤勉さは素晴らしいと思いますが、人それぞれ価値観や個性が全然違いますし、これからは100人いたら100通りのライフスタイルがあって良いと思うので、お互いに、価値観の違う人を尊重し合え、お互いの弱点を補えあえて、ありのままの相手を認め合えるような社会になると、良いですね。
本当に日本人は、思いやりがあり、頭が良くて、優秀なので、日本だったら、それが出来ると、私は、個人的には思います。

ただ、将来、英語を極めるために英語圏に住みたいなあと思っている身としては、日本がそんなに良い国になったら、ただでさえ慣れ親しんだ居心地のいい日本から、余計、出たくなっちゃいますね笑

それでは、最後になりますが、もし、まだ、英検1級を受けた事がない人は、英検1級は素晴らしい試験ですので、是非、挑戦してみてください!
英検を受けるメリットについては、英検を受けよう!〜英検のすすめ〜のページにまとめてあります。