英検1級 2011年度第1回 エッセイサンプル

2011年度第1回 エッセイ問題は、

============== 引用開始 ==============
TOPIC
Agree or disagree: A college education is necessary for everyone

POINTS
・Costs
・Economic growth
・Employment opportunities
・High school curriculums
・On-the-job training
・Personal goals
============== 引用終了 ==============
(実用英語技能検定、1級、2011年度第1回、1次試験問題より、引用)
でした。

また例によって、賛成派と反対派のエッセイを書いてみました。

まずは賛成派です。

 I believe that college education is necessary for everyone for the three following reasons.
 The first reason is that it facilitates economic growth. Generally, well-educated people can contribute more to economic growth than people without it. Therefore the more people go to college, the better for the economy. Moreover considering the current world economic situation, it is necessary for everyone to become able to enhance the economy with college education.
 The second reason is that it helps people to gain employment opportunities. In this modern world, education is highly valued, and in some countries it is hard for people without college education to get a job in major companies. Hence, college education is indispensable for people to get a great job in big companies.
 The third reason is that high school curriculums cannot cover what people should learn or what people want to learn. Many subjects that are really important and essential are not included in high school education. Therefore, as long as high school cannot give education which college can provide with, college education is necessary for everyone.
 As I mentioned, for the aforesaid three reasons, I believe that college education is necessary for everyone.
(199 Words)

次に、反対派です。

 I believe that college education is not necessary for everyone for the three following reasons.
 The first reason is that it takes a lot of costs. The tuition fee is very expensive and it is impossible for some people to afford it. It gives unnecessary economic burden on people.
 The second reason is that what people need the most is not college education but on-the-job training. Many things which people learn at university are not useful and practical for real life, and because of this the number of people even with college education who don’t know what to do for a living or who cannot find a job is increasing. Considering this fact, people should receive on-the-job training which directly helps them to get a job in lieu of unpractical college education.
 The third reason is that different people have different personal goals. Some people are to pursue careers which college cannot do any help with. College education is almost a waste of time for people such as who want to be a musician, an entrepreneur, a chef, a housewife, etc. to pursue their careers.
 As I mentioned, for the aforesaid three reasons, I believe that college education is not necessary for everyone.
(206 Words)

今回は、賛成派のほうは、約21分、反対派のほうは、約17分かかりました。
まず、賛成派と反対派の意見を、構成や字数、文法や語彙は、あまり考えずに、各々10〜15分くらいで、一気に書きました。
そのあとで、構成や字数、文法や語彙などの調節を、賛成派と反対派、同時に、5分くらいで進めました。

いつもの、英検1級エッセイサンプルシリーズでは、何も参考にせずに書き終わった後、または、書いている途中に、色々な資料を参考にしたり、辞書で文法のミスをチェックしていますが、コラムに載せている、この○年度第○回エッセイサンプルシリーズは、何も参考にせずに書いているので、文法のミスや、不自然な言い回しが気になる個所があるかもしれません笑

怪しいのは、やはり冠詞の使い方ですね。
あと、反対派の2段落目で、「It gives unnecessary economic burden on people.」と言っていますが、「It imposes unnecessary economic burden on people.」のほうが良いかもしれません。
ただ、何も参考にせずに書いている段階では、この「impose」という単語が出てきませんでした笑
こんな感じで、語彙があやしい所もあると思います。
まだまだですね、いまはダメなところだらけですが、いつの日にか、減点のしようがない完璧なエッセイを書けるようになりたいです!

今回は、英語で意見を論理的に述べる技術とトレーニングにも、似たようなトピックがたくさん載っており、このホームページでも、エッセイサンプルを公開しているので、事前に読まれていた方には、書きやすいトピックだったと思います。

Should the university system be reformed?
Do school curricula have a well-balanced content?
Is modern education moving in the right direction?

Should high-school education become compulsory?
Does university education prepare young people for real life?
Differences between school education and practical life experience

上記が、その似たようなトピックで、これらの内容を組み合わせれば、簡単に書きあげる事が出来たと思います。
こういう「賛成か反対か」系のトピックで、特にどちらを強く支持している訳ではないという場合には、賛成派と反対派の意見を二つ書いてみて、出来が良いほうを解答に書くのがべストだと思います。
もちろん、自分の中で、強い意見がある場合は、それと逆の事を書くのは、難しいうえに、時間がかかったりするので、素直に自分の意見を書いたほうが効率的です。

今回のような「for everyone」というトピックでは、反対派のほうがはるかに書きやすいですね。
例外のないルールはないと言われているように、「全て」の人にとって、当てはまるということは、あまりないからです。
なので、賛成派のほうは微妙ですね笑
これが本番だったら、私なら、賛成派のほうはボツにして、反対派のほうを解答として提出します。

また、数学の背理法みたいに、例外を挙げていって、最後に、
「As I mentioned, for the aforesaid three reasons, I believe that college education is not necessary for EVERYONE.」
などと書くのも面白いと思います。

毎回そうですが、今回もPOINTSが以下のように、賛成派と反対派にはっきり分かれています。
(もちろん、どのPOINTも賛否両方で使えます。)

・Costs(反対派)
・Economic growth(賛成派)
・Employment opportunities(賛成派)
・High school curriculums(賛成派)
・On-the-job training(反対派)
・Personal goals(反対派)

英検の公式解答例は反対派が載っていますね。
私は、POINTSのフレーズをそのまま使わなくてはいけないと思っていたのですが、公式の解答を見ていると、その内容に触れていれば、必ずしも、同じ単語を使わなくても、いいみたいですね笑
でも、POINTSのフレーズをそのまま使ったほうが、はるかに書きやすいので、そのほうがオススメです。

それでは、最後になりますが、もし、まだ、英検1級を受けた事がない人は、英検1級は素晴らしい試験ですので、是非、挑戦してみてください!
英検を受けるメリットについては、英検を受けよう!〜英検のすすめ〜のページにまとめてあります。