英会話に必要な5つの要素

このホームページではこの5つの能力を伸ばすための、勉強方法や教材、気付いたことなどを、これから私が自分の納得いくレベルの英会話力を身につけるという目標を達成する過程で紹介していきたいと思います。

英語が話せると言うことは、おもに上の5つの能力があると言う事だからです。

ちなみに、私が考える、初心者の方の最短学習法は以下のページにまとめてありますので、よかったらどうぞ参考にしてみてください。
英会話初心者が一番最初にするべきこと
英会話初心者が一番最初にするべきこと 2

1 発音、イントネーション、アクセントについて

英語が出来る人と出来ない人の決定的な違いが、正しい発音を習得しているかどうかというところにあります。
日本語にない英語の音、「f」、「v」、「th」、「l」、「r」などを無理やり、日本語の音で発音するとネイティブに通じないことがよくあります。
全くの初心者の方はまず、正しい発音を習得するべきです。

他のページでも、しつこく、書いていますが、正しい発音を知らないことは、英語学習において、最大のリスクの一つで、あとで、自分の英語が通じなくて、悔しい思いをしたり、ネイティヴと話していて、誤解を生みたくなければ、出来るだけ早いうちに、正しい発音を身に付けておくことを、強くお勧めします!

また、自分の発音が良くなってくると、かなり気持ちがいいので、発音の練習は、とっても楽しいトレーニングだと思います!

ちなみに、私は、単語耳シリーズで身に付けました。

2 作文能力について

正しい文章を瞬時に組み立てられるかどうかが、英語が出来る人と出来ない人の次の決定的な違いです。
「片言でもいいので、英語を話してください」と言われて話せないのは、正しい英語の文章を組み立てる力がないからです。

逆に、正しい発音を習得していて、自分の言いたい内容の文章を瞬時に正しく組み立てられたとしたら、英語が話せる状態だと思いませんか?

特に、英語は語順命といわれるほどで、片言でも、文法的に正しい文章を頭で組み立てられる力が必要だと思います。

たとえば、日本語は、

・私はあなたが好き
・私は好きあなたが
・あなたが私は好き
・あなたが好き私は

と、どれも同じ意味ですが、英語だと

・I like you.
・You like me(I).

だと意味が全く逆になってしまいます。
ですので、作文能力(文法駆使能力)が必要です。

特に初心者のうちは、発音と同様、この作文能力は、英語学習において、もっとも重要で、これを身に付けておくのと、おかないのでは、大きな差が出ます。
私も、もっとはやく、英作文の勉強、とくに、瞬間英作文を、やっておけばよかったと、強く後悔しました。
ですので、あとで、後悔しないためにも、作文能力は、絶対に、身に付けておくべきだと、私は強く思います。

また、作文能力がついてきて、自分で英語が話せるようになってくると、ネイティヴに自分の英語が通じて、うれしかったり、英文エッセイを書けるようになったりと、なにかと、楽しいことが増えますので、ぜひ、身に付けておくことをお勧めします!

ちなみに、これは私は、英語上達完全マップで紹介されている瞬間英作文シリーズで、ある程度身につけました。

3 運用語彙について

1、2までくれば次は、この運用語彙です。
実際に、正しい発音を習得していて、自分の言いたい事を、正しく組み立てられるだけでも、片言でのコミュニケーションは可能ですが、運用語彙が足りないと、スピードがかなり遅くなりますし、話せる内容も限られてしまいます。
ネイティヴの子供と大人の違いが、この運用語彙の差とも言えます。

たとえば、日本語の「緩和する」、和英辞典には「alleviate」という単語が出ています。
この単語を知っていないと何かが緩和することをうまく表現できないかもしれません。

また、日本人の場合は、ネイティヴの子供でも使いこなせる基本単語が使いこなせない事が多いので、基本単語からしっかり運用語彙として身につける必要があります。

たとえば、「come」は基本中の基本単語ですが、これをただ、「来る」と覚えているだけでは、「come」という単語を知っている事にはなりません。
Longman English Dictionary Onlineで、「come」を引くと、34もの語義と多数の句動詞が載っています。
これらをすべて使いこなせるようにならないと「come」という単語を使えると言うことにはならないのです。

ほとんどの人が、「come」の「来る」という意味は知ってると思いますが、「come」の全用法を使いこなせると言う人は少ないのではないでしょうか?
そのあたりが、私も含めて、日本人のスピーキング力の低さの原因だと思われます。

私も、英検1級には合格しましたが、「come」の全用法を使いこなすことはまだ出来ていません。(2010年現在)
こういった基本単語を使いこなせるようになるためにも、目下、アンチ・バベルの塔の音読に取り組み中です!

4 背景知識について

これは当然ですね。
日本語でも、自分に背景知識がないことは出てきません。
英検1級の面接などは、この要素が強いです。

5 会話のネタ、トピックについて

これも当然だと思います。
お互いに話す話題があれば、会話が盛り上がりますし、逆に、日本語でも口ベタな方がいらっしゃるように、話すネタ、トピックがないと会話が続きません。

最後に

以上、このサイトで上の5つの能力の身につけ方を紹介していますので、もしよかったら、ぜひ参考にしてください!